訪問看護とは?

 

訪問看護とは、在宅生活を送るうえで医療的な管理や処置が必要な方、介護方法に不安があるご家族などに対して、訪問看護ステーションから専門の看護師やリハビリスタッフがお伺いして、必要なケアやリハビリテーションなどを行うサービスです。

かかりつけ医師の指示のもと、関係機関等と連携して、健康状態の観察や助言、看護ケアを行います。

ペンタス訪問看護ステーションが提供する看護サービスとは?

病状や障害の観察

 

定期的にご家庭に訪問して、病状や体調の観察を行い、変化があれば主治医の指示にもとづき速やかに対応します。

処方薬の薬効状態を把握し、主治医と連携し、受診や往診の調節を必要に応じて行います。

 

医師の指示による医療処置と医療機器の管理

カテーテル(膀胱留置カテーテル、気管カニューレ、胃瘻などの経管栄養チューブ等)の管理・指導及び点滴の実施など、医師の指示による診療の補助を行います。

在宅酸素療法、人工呼吸器などを使用されている方に対して、使用状況の確認とその衛生状態の維持への対応を行います。

 

褥瘡予防や処置

 

床ずれやその他の創部の処置を行わせて頂くほか、使用している寝具やクッション、姿勢(ポジショニング)、栄養状態、清潔への助言も含め、予防方法の検討及び実地指導も対応します。

 

服薬管理と指導

 

服薬管理が困難になっている方に、安定して服薬を継続して頂くための工夫や助言をさせて頂きます。

また、療養生活の経過観察で薬効に変化がみられる場合は、主治医との連携をはかり適正な調剤支援を行います。

 

清潔のケア

 

清拭、洗髪、入浴介助、爪の手入れ、口腔ケアなどを行います。

身体の清潔を維持することで不潔による不健康へのリスクを防ぎ、ご本人の気分転換をはかれます。

 

食事のケア・栄養指導

食事の内容、形態、食事姿勢の環境、飲み込みなどを観察し、むせや誤嚥予防の指導とリハビリを行います。

美味しく安全に食事がとれるように、状態に応じて口腔ケアも行います。

 

排泄のケア

定期的な排尿や排便があるように調整や介助、助言を行います。

排泄の支援で、精神的な不穏につながる不快刺激の軽減がはかれます。

 

リハビリテーション

関節拘縮の予防、体力の低下予防に向けて、生活全般を通したリハビリのアドバイスや日常生活動作の自立につながる対応を行います。

 

介護方法のアドバイス

 

着替えの介助やオムツの当て方、体位変換や移乗動作の介助方法など、毎日必要な介護方法をアドバイスします。

必要に応じて吸引器を使用した痰の吸引方法等もご家族に指導いたします。

また、ご家族のみでなく、ご利用者さまの介護に関わる事業者とも連携いたします。

 

ターミナルケア

ご本人、ご家族のご意向に沿った最期を迎えることができるよう、主治医と連携して疼痛や体調管理をはかり、看取りの訪問を行います。

 

スピリチュアルケア

在宅療養生活で生じる不安や悲嘆へ対応させて頂き、生活継続への精神的な支援を行います。

 

退院や通院中の方の支援

病院に入院中で、試験的に外泊をしたいけれども不安があるという方は、外泊中に訪問看護を利用することができます。

外泊中に訪問看護を利用することで、退院後の不安が解消されたり、在宅生活での問題点を具体的に把握することもできます。

外来通院中の方も、訪問看護を利用することで生活全体の改善が図れ、入院リスクの軽減につながります。

 

24時間対応

24時間365日の連絡対応、緊急時の訪問を行います。

当訪問看護ステーションについて

riyoushab4 caremab3